INFORMATION

登⽶市内の森林の状況や、
各種パンフレット・活動報告書等を公開しています。

登⽶市内森林の現況

宮城県の北東部に位置する宮城県登⽶市は、総⾯積 53.6千haのうち22.2千ha(約41%)を森林⾯積が占める、県内有数の林業地域です。また国際的に重要なラムサール条約指定登録湿地の伊⾖沼、内沼をはじめ、豊かな⽔辺空間を有する⾃然に恵まれた⽔の⾥が形成され、先⼈たちのたゆまぬ努⼒によって⽣まれた肥沃な耕⼟が広がる資源豊富な地域です。

この豊かな森林資源を有効に活⽤しながら、次の世代へ引き継ぐために、登⽶市では2016年に市有林2,717haでFSC森林認証(FM認証)を取得。その後、⽶川⽣産森林組合林、個⼈所有林、森林組合管理森林を組み⼊れ、2020年には9,167haまで拡大しました。

ダウンロード

登⽶市森林管理協議会パンフレット

2020年10⽉更新

ダウンロード

登⽶材パンフレット
宮城・森林認証材使⽤建材

2019年7⽉作成

ダウンロード

報告書等

更新⽇ 資料名 ダウンロード
2020/12/15 登⽶市森林管理協議会 FM認定証
2020/12/15 登⽶町森林組合(FM認証材流通事務局) CoC認定証
2020/12/15 認証状況(登米市森林管理協議会) 外部サイトへ
2020/12/15 認証状況(登米町森林組合) 外部サイトへ
2020/08/01 林野庁情報誌「林野-RINYA-」令和2年8月号 林業成長産業化モデル事業
登米市 森林管理協議会の取組 外部サイトへ
2021/1/13 登米市森林管理協議会規約
2021/1/13 登米市森林管理協議会名簿(規約第5条関係)
2021/1/13 登米市森林管理協議会入会申請書・規約等遵守誓約書
DATA 情報公開

各種パンフレットや、FSC10の原則に基づく情報を公開しています。