B_1

百年の森輝く~登米町森林組合

登米町森林組合は「人づくり」、「森づくり」、「森林資源の有効活用」を組合理念に掲げています。このパートでは森林林業が抱える課題と、それに対する私共の活動をご紹介します。
詳しくはこちら

B_2

心やすらぐ木の住まい

木をふんだんに使った家を建てたいのだけれども、誰に頼めば良いのかわからない。そのような時には是非ご連絡ください。最適な設計者・工務店と共に良質な登米産木材を使用した家づくりを行います。
詳しくはこちら

B_3

森の恵み~しいたけ

登米町の豊かな自然の中で、ゆっくりと時間をかけて育てられた原木栽培のしいたけをおおくのか方々に食して頂けますよう、乾椎茸のほかに各種加工食品の製造・販売も行っております。
詳しくはこちら

B_4

太陽熱乾燥システム

太陽熱を効率的に利用して木材や農林産食材を乾燥し、製造原価を抑えつつ高品質な木材や乾物の高付加価値化を行い、さらには二酸化炭素排出削減により持続可能なエネルギー社会にも貢献します。
詳しくはこちら

B_5

キャンピングビレッジ 登米森林公園

美しい自然に恵まれ、新緑の鮮やかな春や紅葉の美しい秋とともに季節の移ろいを楽しめる、山間の小さなキャンプ場です。ベテランキャンパーから初めての方でも安心してご利用いただけます。
詳しくはこちら

B_6

薪の販売

ストーブや暖炉に最適な広葉樹の薪を販売しています。45cmまたは30cmに切断したうえで、2tトラックで配達いたします。
詳しくはこちら

B_7

東日本大震災からの復興支援

登米町森林組合では、災害発生直後から避難所への木製組立家具キットの配布や宮城県で唯一の木造応急仮設住宅の建設、木造災害公営住宅の建設など地域の木材を活用した様々な復興支援を行ってまいりました。
詳しくはこちら

ギャラリー

  • 登米町森林組合事務所

  • 若手林業技術者の育成

  • 地域の森林を管理育成

  • 高性能林業機械による作業

  • 伐採された木材を搬出

  • 森の恵みを最大限に活用

 
  • 富谷町A邸

  • 造付デスクを備えた作業スペース

  • オープンなキッチン

  • 富谷町S邸

  • 吹き抜けで開放感あるリビング

  • 木の香りがやさしい寝室

  • 太陽熱食品乾燥庫ToSMS

  • 太陽熱で温めた空気を庫内に取入

  • ToSMS庫内

  • 夜間LED照明でライトアップ

  • 太陽熱食品乾燥庫Ecochan

  • 太陽熱を活用して干し野菜を製造

  • コテージは全5棟

  • フリーテントサイト

  • フリーテントサイト

  • オートキャンプサイト

  • ちびっこ広場

  • 管理棟

  • 木造応急仮設住宅(南三陸町)

  • 木造災害公営住宅(登米市)

  • 災害公営住宅の上棟式

  • 避難所に組立家具用組手什の寄贈

  • 避難所に設置された組手什

  • 名取市図書館に組手什書架の設置

森林資源を有効に活用し、次代に引き継ぐ為に。

森林林業をめぐる状況は今、大きな変革期にあります。戦後の拡大造林政策により植えられた木々が収穫期を向かえた中でも外材の輸入量は大きく、木材自給率は3割程度にとどまっています。一方で、木質バイオマス発電やCLT(直交集成板)を用いた大規模施設の木造化等が注目されて、地域材への期待が高まりつつあります。
森林林業は長い期間を必要とする産業です。私達が今日森林資源を活用できるのも、先人たちが植林し手入れをしてきてくれたおかげです。先人たちが託してくれた森林資源を有効に活用して、さらに次代に引き継ぐために、登米町森林組合は昭和27年の設立以来、森林の適切な保全・管理を行う一方で、幅広い地域循環型事業の推進に取り組んでいます。
組合概要はこちら